アプリのボイスメモの使い方を徹底解説!意外とみんな知らない技とは?

アプリボイスメモ使い方

iPhoneにある「ボイスメモ」って、どんな時に使うの?

そんな疑問をお持ちのiPhoneユーザーがたくさんいるのではないでしょうか?

簡単にご紹介すると「ボイスメモ」は、専用のICレコーダーがなくても、iPhoneのマイクを使って音声を録音できるアプリです。

 

打ち合わせや取材を録音したり、プレゼンテーションの練習をしたり、音声でメモを残したりと、何かと使い勝手が良いアプリであるため、使い方のコツをおさえておけば、あなたの日常をワンラックアップすること間違いなしです!大きく分けると「録音」「再生」「編集」の3つ機能があるので、順番にご紹介していきます。

 

ボイスメモで録音するにはどうするの?

アプリボイスメモ技

  • マイクの位置確認
  • アプリ起動
  • 録音ボタンをタップ
  • 一時停止ボタンをタップ

 

録音は上記の4ステップでできます。手順ごと、具体的にご説明していきます。

 

まず「1、マイクの位置確認」からです。ボイスメモはiPhoneのマイクからの音声を録音することができます。したがって、録音するときはマイクの位置がどこにあるかを確認しておくと、よりクリアな音や声を録音することができます。iPhoneのマイクは本体の下部分にありますので、まずはそれを確認しましょう。

 

「2、アプリ起動」ですが、ボイスメモのアプリ画面をタップするだけでOKです。

「3、録音ボタンをタップ」も同様に、赤いまるいボタンをタップするだけで、録音は開始します。音が拾えているか確認するには、録音中に見える音波に反応があるかを確認してください。

「4、一時停止ボタンをタップ」も同様、赤い四角いボタンをタップするだけで、録音は停止され、これで録音完了となります。

 

ボイスメモで再生するにはどうするの?

アプリボイスメモ技

  • 再生したいファイルをタップ
  • 再生ボタンをタップ

 

再生するのは上記の2ステップのみです。とでもシンプルですね。再生しているときに、青いラインをドラッグすることや、テレビのリモコンと同様に「15秒前再生」、「15秒前後再生」のボタンをタップして再生することも可能です。

 

 ボイスメモで編集するにはどうするの?

アプリボイスメモ技

  • 編集したいファイルをタップ
  • 編集コマンド(青い3つのまるボタン)をタップ
  • 「録音を編集」ボタンをタップ

 

この3つの手順に沿うことで、ボイスメモをアプリの中で編集するスタートラインに立つことができます。ここから、大きく2つ「再登録(上書き)」「トリミング」といった編集機能を利用することができるので、順にご紹介していきます。

 

まず、「再登録(上書き)」をする手法です。

すでに録音したボイスメモを上書きしたいときに使用できます。方法は、グラフ全体の画面をスライドさせ、画面中央にある青いラインを編集したい部分のスタートに合わせます。再生ボタンを押して内容を確認しながら、画面を左右にスライドさせるとよいです。再録音ボタンをタップすると、青いラインのある位置から録音データを上書きし、停止ボタンを押した位置まで上書きされます。

 

最後に「トリミング」の方法です。

まず右上にあるトリミングのボタンをタップし、画面両端にある黄色いラインをスライドさせて、残したい部分のスタートに合わせます。同様に、残したい部分のエンドについても黄色いラインをスライドさせて、最後にトリミングのボタンをタップしたら完了です。

 

以上、「再生」「録音」「編集」の3つの機能が、意外とみんな知らないであろうiPhoneボイスメモの使い方です。使い方をマスターすれば、インタビューの際に使用して文字起こしをするのに役立てることができますし、大事な会議のときに活用することもできます。

ぜひ、こちらの機能を使いこなして、ボイスメモのアプリを有効活用してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA